鼻の病気

アレルギー性鼻炎

症状

くしゃみ、鼻水、鼻づまりの症状が一般的ですが、季節に関係なく、一年中アレルギー症状を起こしているのが特徴です。

ハウスダスト、ダニ、カビ、動物の表皮などが原因として考えられます。

また、喘息やアトピー性皮膚炎が合併することもあります。

治療

アレルギーの原因となる物質(アレルゲン)がわかっている場合、原因物質の除去に努めます。
アレルゲンが確定すればアレルゲンの抽出希釈液による減感作療法を行います。
1か月から3か月で効果があらわれますが、1年以上にわたって継続する必要があります。

抗ヒスタミン剤の内服、局所ステロイド剤の点鼻治療や、下鼻甲介切除術、レーザー焼灼術、ビディアン神経切除などの手術を行う場合もあります。

花粉症

症状

くしゃみ、鼻水、鼻づまりといった、アレルギー性鼻炎と症状は同じですが、草木の花粉が原因となっている場合、花粉症と呼びます。

アレルギー性結膜炎により、目のかゆみを伴うこともあります。
初めて発症した場合、毎年なるわけではないですが、治ったわけではありません。
花粉が少ないときは症状が出ないということもあります。

また、花粉症を放置すると、副鼻腔炎を発症します。
軽い症状のうちに治療することが大切です。

治療

花粉の飛散が始まる数週間前から抗アレルギー剤の内服加療を投与します。
花粉症は早期の内服により、発症が抑えられるといわれていますが、内服で抑えられないときは、点鼻薬、点眼薬を追加し、漢方薬も併用します。
抗ヒスタミン剤にステロイドを配合した薬を内服することもあります。
その他、ネブライザー療法や、下鼻甲介切除術を行うことがあります。

また、最近は外来で行うことができるレーザー焼灼術が注目されています。
症状が軽い場合も薬との相性がありますので、自分に合った薬を探っていくことが必要です。
合う薬があれば、その薬をベースに服用します。

花粉症は症状が出なくなったからといって完治したわけではありません。
たまたま、花粉が少なかった、体調がよかったということもあります。
花粉症の治療の基本はひとつの方法だけで治すのではなく、症状が強い場合、いろいろな方法を組み合わせて併用すると効果的です。

急性副鼻腔炎

症状

急性副鼻腔炎は、アレルギーや風邪の後、発症することが多く、鼻づまり、膿性鼻汁、鼻汁がのどに下りる後鼻漏、痰のからんだ咳、頭痛や頬の痛みなどの症状があります。

一般的には風邪が治れば治りますが、青鼻だけが残り、副鼻腔炎になることもあります。

治療

抗生物質や消炎剤の内服、副鼻腔洗浄、ネブライザー治療を行います。

慢性副鼻腔炎

症状

慢性副鼻腔炎は、副鼻腔炎が慢性化したもので、鼻づまり、鼻汁、後鼻漏、嗅覚障害などの症状があります。

お子さまの場合、滲出性中耳炎を合併することもあります。

治療

マクロライド系抗生物質を2か月から3か月の間の少量投与をはじめ、ネブライザー吸入治療します。
保存治療で治癒しない場合、鼻茸摘出手術や、鼻内内視鏡手術を行います。

鼻出血

症状

鼻の真ん中にある鼻中隔には、血管が多くあるため、出血しやすくなっています。
鼻を強くかむ、洗顔後の刺激によって起こるのは、この部位がほとんどです。

治療

軽度の場合には、綿球を詰めて5分ほど鼻を圧迫すると止まることがほとんどですが、出血が止まらない場合、薬液による腐食、電気凝固が必要です。

また、繰り返すときや、血が止まりにくいときには、血液疾患、高血圧、肝臓疾患など、他の疾患が考えられるので検査が必要です。

急性鼻炎

症状

いわゆる鼻風邪です。

風邪の合併症として発症します。
寒気、発熱、頭痛や鼻閉が起こります

鼻汁は最初のうちは水のようですが、次第に膿のようになります。

治療

安静にして、解熱鎮痛剤内服、点鼻やネブライザー治療を行います。

慢性鼻炎

症状

鼻づまり、鼻漏が主な症状ですが、鼻漏は粘性が強く、鼻がかみきれない場合もあります。
鼻閉、粘液性の鼻汁や、頭が重く感じ、集中力の低下が見られます。

治療

下鼻甲介切開術、レーザー焼灼術などを行います。