口・喉の病気

舌炎

症状

舌に炎症が起きている状態です。

歯茎や頬の粘膜の炎症に合併して見られることもあります。

舌の粘膜が広い範囲にわたり、赤くなって腫れ、痛みがあります。

治療

粘膜用ステロイド軟膏の塗布や、ビタミン剤を内服します。

アフタ性口内炎

症状

歯茎、頬の裏側の粘膜、舌、唇の裏、舌の裏など、口の中の全体に見られます。

円形、あるいは、楕円形の数ミリ程度の潰瘍が見られます。
1個の場合もあれば、複数の場合もあります。

痛みや食事のときにしみることがあります。

治療

硝酸銀水や軟膏を塗布します。
うがいで口腔内を清潔にすることが大切です。

急性扁桃炎

症状

高熱が出て、喉が腫れ、飲み込みにくくなります。

喉の奥に白いツブツブがついていることがあります。

治療

安静にして抗生剤、鎮痛剤を服用することにより、約1週間で治癒します。
口腔内をうがいなどで清潔にします。

慢性扁桃炎

症状

急性扁桃炎を繰り返して慢性化している状態です。
自覚症状がほとんどありませんが、異物感を感じるときがあります。
扁桃にはほとんど症状がなくても、腎臓、心臓、皮膚などに病気を起こすことがあり、注意が必要です。

治療

急性扁桃炎の治療と同じですが、年に何度も扁桃炎を繰り返し、他の臓器に病気がある場合、外科的手術が必要になります。

急性咽頭炎

症状

口を開けていちばん奥に見える壁が咽頭です。

風邪をひいて、咽頭部分に細菌が感染して発病するパターンが一般的です。

急激な喉の痛み、発熱、頭痛、体がだるくなるのが特徴です。

声枯れや、ひどいときには声がまったく出なくなるときもあります。

治療

安静にして、抗生剤や症状に応じて鎮咳剤などを服用します。
うがいや吸入も同時に行います。

声帯ポリープ

症状

声が枯れるのが主な症状です。
声の出し過ぎによる炎症性出血が原因です。

治療

喉の安静を保ち、吸入治療を行いますが、治らない場合は手術が必要です。